かんたんで直ぐにおこなえる、脇汗(わきあせ)をとめる方法

かんたんで直ぐにおこなえる、脇汗(わきあせ)をとめる方法 腋臭対策おススメ

脇汗(わきあせ)を止めたいってときありますよね。

夏季は、とくにとめどなくでてくる脇汗(わきあせ)をなんとかしなきゃ!っておもいます。

とくに女子の場合は、やっぱり脇汗(わきあせ)なんて見られたらハズカシイですもんね。

そこで、かんたんで直ぐに出来る脇汗(わきあせ)をとめる方法をご紹介したいとおもいます。

カンタンな脇汗を押さえる方法・手のツボをおす

カンタンな脇汗をおさえる方法・手のツボ押し

手には、汗をおさえるツボが、いくつかあるんです。

順番にお伝えします。

後谿(こけい)のツボ

こぶしを作って小指の根本の下に出来る突き出た部分です。

反対の親指で力強く押します。

陰げき(いんげき)のツボ

手の平を上に向けた時に、小指側の手首のつけ根あたりから、指1本分ひじの方に向かった場所にあるんです。

合谷(ごうこく)のツボ

一般的に知られた万能的なツボです。

手を横側から見た時、親指、人差し指の骨の接合している部分で、人差し指寄りのあたりのくぼみです。

汗をとめる他にも、体全体によい結果が期待出来るツボです。

胸や脇のツボ

他には、舞妓さんたちも実際に行っている汗おさえのツボです。

胸や脇のツボをおすとことで脇汗(わきあせ)を止められます

これは、舞妓さんも使っているツボ押しです。

顔や脇の汗をとめるには、このツボを押してみましょう。

まずは、胸のツボです。

胸のツボ・屋翳(置くえい)のツボ

両方の胸の上部にある屋翳(置くえい)というツボです。

乳首の3~5cm上にあるんですが、広い範囲に手で押せばいいでしょう。

脇のツボ・大包(だいほう)のツボ

脇のツボは、もっと結果的です。

脇の真ん中から下の乳首のすぐ横にあるツボで、大包(だいほう)と呼ばれています。

舞妓さんは、帯でこのへんの部分を圧迫して抑えることによって、顔に汗をかかず、化粧崩れをしないようにしているんです。

昔から使用されているツボの方式なんですね。

脇汗(わきあせ)をかんたんにとめる ハッカ油スプレー

 

脇汗(わきあせ)を止めたいというときに役立つかんたんで直ぐにおこなえる、脇汗(わきあせ)をとめる方式!

どんな方法があるのでしょうか。

ハッカ油スプレーでとめるという方式が、あるんですね。

ハッカ油スプレーで、ハッカ油を気になるところに塗ります。

空気にふれることにより、冷たさをかんじ汗が止まります

ハッカ油スプレーの作り方

ハッカ油スプレーは、一般の商品もあるんですが、自分自身で造ることも出来ます。

エタノール10mlにハッカ油を約5滴入れて混ぜ合わせます。

その後、精製水90mlを加えて出来上がりです。

ただし、ほんとうに身内温度が、下がっているわけではないです。

ハッカ油は冷感があり、肌の信号を刺激して脳にツメタイと感じさせて、錯覚を起こさせます

ですので、ほんとうに暑い時間帯に脳に錯覚が起きてしまうと、汗で熱が放出できず熱中症をおこしてしまう可能性があるので注意しましょう。

ミョウバン水の制汗剤

他には、自然の制汗剤、ミョウバン水という手もあるんです。

自作のミョウバン水をスプレーします。

ミョウバンは、イオンの力で汗を抑え、消臭結果もあるんです。

ミョウバン水スプレーの作り方

ミョウバン水を自分でつくる方法です。

水道水1.5リットルに焼きミョウバン50gを加えて混ぜ、一晩置いておきます。

これを、更に水で10倍に薄め、100均で購入したスプレーの容器に入れできあがり。

汗が気になる部分にスプレーします。

以上が、汗を今すぐとめるかんたんな方式です。

直ぐにでも脇汗(わきあせ)を止めたい!!っていうときは、けっこう効き目あるんですよね。

人気がない場所に行けば、脇を大胆にタオルで吹くことも出来ますが、中々人前ではそうもいきません。

そんなとき、お手洗いでささっと対策ができる、簡単な制汗方法です。

コメント