すそワキガになりやすい人の特徴・自分でも判断できます

すそワキガになりやすい人の特徴・自分でも判断できます すそワキガの対策

あなたはこれ迄に、「もしかしたらすそワキガかも…」とかんじたことがありますか?

「パートナーにデリケート・ゾーンがにおうと言われてしまった」

「下着を脱いだ時に鼻につくイヤなニオイがした」などなど。。。

すそワキガになる可能性は誰にだってあるんです。

でも、すそワキガかどうかを確かめるのってむつかしいですよね。

彼にきくのも恥ずかしいですし、同性の友人に相談するっていうのも勇気が要ります。

そこで今回は、すそワキガになりやすい人の特徴をご紹介しましょう。

是非セルフチェックをして、きちんと対策を行ってくださいね。

 

すそワキガになりやすい人の特徴

すそワキガになりやすい人の特徴としていくつかあります。

黄色いあせ染みがつく

まず一つ目が、下着に黄色いあせの染みがつくこと。

ニオイの元である、アポクリン汗腺から分泌・排出されたあせは、多様な物質を含んでいます。

この分泌・排出物が酸化することで、いやな臭いを放ちます

これが黄色いあせの染みになることがあり、黄色いあせシ染みが頻回ある方は要注意です。

陰毛が濃い

二つ目には、陰毛が濃いこと。

脇の下や、陰部の毛が濃い人は、皮膚線が発達しています。

そのため臭いやすいという特徴があるんです。

乳首から臭いがする

三つ目は、乳首から臭いがするという特徴です。

実は、アポクリン汗腺は乳首周りにも集中しています。

全員に現れる訳ではありませんが、人によってはにおうことがあるのでチェックしてみましょう。

耳垢が湿っている

四つ目は、耳垢の状態が湿っていること。

これは、アポクリンの汗腺の量がおおいことを示します。

なんと、ワキガ症の98〜99%の人が、耳垢の状態が湿っているそうですよ。

これに該当するのならば、かなりの確率ですそワキガになっています。

家族にすそワキガの人がいる

五つ目は、親族にすそワキガの人がいること。

すそワキガは、やはり遺伝によるものがおおきいです。

家族の誰かしらがワキガになっている場合は、入念にケアをしておくとよいでしょう。

 

すそワキガ、自覚症状すくないので手遅れにならないよう

すそワキガになりやすい人の特徴・自分でも判断できます、すそワキガ自覚症状すくない

「この前彼と共にベッドへ入った時、なんとも言え無いイヤなニオイがした…」

「下着を脱ぐと、いつも変なニオイが鼻につく…」等等、すそワキガを疑う瞬間がよくあるのではないでしょうか。

すそワキガは、自分では自覚症状が、そんなにありません

パートナーに「におう」と言われて初めて気づく人もおおくいます。

デリケート・ゾーンは人に見られ無いため、気にし無い人が殆どなのです。

すそワキガになってしまってからだと、治すのに多くの期間がが必要になります。

その場しのぎでニオイを抑える専用クリームもありますが、それだと根本的な解決にはなりません。

兎にも角にも、早めの対策が必要に成ります。

すそワキガになりやすい人の特徴の一つ、「陰部の毛が濃い人」の対策です。

陰毛の毛が濃い?見分け方

そもそも、すそワキガの原因となるものの正身体は、あまりわかっていません。

あせのなかに含まれる分泌・排出物によって臭くなると言う説もあれば、

そのあせを分泌、排出させるアポクリン汗腺の量で臭く成ると言う説もあるんです。

ワキガの治療を専門におこなう病院によると、絶対にどっちが正しいとは断言でき無いそうです。

ただ、すそワキガになやむ患者のおおくは、陰部の毛の量が人よりもおおく、圧倒的に濃いのが特徴です。

陰毛が多いと皮膚線が発達しています。

それに比例して、ニオイ成分も増える傾向があるんです。

とはいえ陰毛の量がおおい、少ないと言う判断はむつかしいですね。

そこで代わりに脇の下の毛でチェックおこなうのがおススメです。

ここでもすそワキガのなりやすさを知ることが出来ますよ。

 

遺伝子が関連している?

あなたの家系に、ワキガ体質の方はいますか?

又、あなたの耳垢は湿っているでしょうか?

近頃、すそワキガで、悩んでいる女性が増えてきています。

原因としては、肉食を中心とした乱れた食事や、アルコール、喫煙等が挙げられます。

ですが、中にはどう見てもすそワキガになる暮らしを送っているのに、全くにおわ無ない人がいるのも事実です。

凄く羨ましいですよね。

モチロン食事や生活習慣はすそワキガに大きく影響していますが、実はそれ以上に関連していることがあるんです。

それは、「遺伝子」です。

親族の体質が大きく影響

ワキガやすそワキガの歴史は長く、古代にさかのぼります。

ニオイの発生やあせを分泌・排出する「アポクリン汗腺」は、古モンゴロイドと言う人種の特徴でした。

日本人はこの人種の末裔であるため、誰の身体にもアポクリン汗腺が、存在しています。

この時点で、皆さん同様の確率で、すそワキガになってしまうのです。

ですが、親族の体質、遺伝によってそれは大きく変化します。

やっぱり、古来からの遺伝子の影響よりも、親族の遺伝子の影響の方が強く出現するに決まっています。

祖父母でも両親でも、ワキガ体質の人が、1人でもいる場合には注意が必要です。

又、耳垢も一つの判断基準になります

実は、耳垢が湿っているタイプの人は、すそワキガになりやすい特徴があるのです。

これも遺伝的な要素が大きく影響していています。

自身は、耳垢が湿っていなかったとしても、親族の誰かが湿っているのであれば油断は出来ません。

すそワキガのことをストレートにきくのは抵抗がありますよね。

ですから、耳垢の状態を聞いてみるとよいでしょう。

コメント