すそワキガ専用クリームの選び方

すそワキガ専用クリームの選び方 すそワキガの対策

ドラッグストアや薬局等、今では至るところで見かける「すそワキガ専用クリーム」。

それだけ、すそワキガで悩んでいる女性が増えてきています。

すそワキガになってしまうと、よい事は何一つありません。

なんとも言えない独特なニオイ。

そもそも、ワキガの原因は、カビなどと同様の雑菌(バイキン)です

イメージしただけでも気持ちわるいですよね。

ですが、場所がデリケート・ゾーンなだけに、誰かに相談しにくいものですし。

どんなに事態が深刻になってしまっても、自分で解決したいと考えます。

そこでここでは、すそワキガ専用のクリーム選びをご紹介しましょう。

これをきちんと覚えておけば、質のよい品物を選ぶことができるはずです。

すそワキガ専用クリームの選び方

有効成分がはいっていること

まず一つ目は、有効成分が入っているのか。

絶対に配合していて欲しい成分は、イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛の二つの成分です。

これらはあせや、殺菌効果や効能で雑菌(バイキン)の繁殖を抑えてくれます

無添加であること

二つ目は、無添加であること。

できる限り植物性由来成分のものだと、皮膚に刺激を与えないのでおすすめです。

効果効能が証明されている

三つ目は、機関できちんと効果や効能が証明されていること。

品物のなかには、ちゃんと効果や効能を検査実施して、結果を公表しているものがあるんです。

ネットに搭載している場合もあるので、是非チェックしてみましょう。

医薬部外品であること

四つ目は、「医薬部外品」であること。

医薬品と化粧品の間にある製品で、厚生労働省が認めている品物になります。

返金保証があること

五つ目は、返金保証があること。

万が一のことをかんがえて、必ず返金保証付きのものにしましょう。

これが付いている品物は、それだけ効果や効能に自信があると言う事です。

これからすそワキガ専用クリームを選ぶ際には、是非これら五つの項目をおさえておきましょう。

 

毎日の暮らしの中で対策できる

日々の暮らしの中で臭い対策はできる

人のカラダは多様なところから臭いの成分が出ています。

代表的なところだと、脇の下や足裏でしょう。

いつもは、あんまり臭ってなくても、あせをどっとかく夏季はたくさん臭うのでは無いでしょうか。

自分ひとりだけの環境ならばよいのですが、周囲に誰かいるとなるとどうしてもまわりが、気になってしまいます。

「臭っていないかな?」

「クサイっておもわれていたらどうしよう!」等と、何をおこなうにも集中出来ません。

又、中でも女性は「すそワキガ」の臭いを気にする方が凄くおおいそうです。

すそワキガはデリケート・ゾーンの陰部ですが、だからこそ臭いやすいのが特徴です。

きちんと対策をしないと、いざと言う時に強烈な悪臭を放ってしまうことになりかねません!

これは何としてでも避けたい事態ですよね。

すそワキガの対策と言われてもピンとこ無いかも知れませんが、実は毎日の暮らしでじゅうぶんに行なえます。

すそワキガ対策、日々できること

食生活を整えたり、正しい洗い方をマスターしたりでワキガ対策ができます

逆を言うと、すそワキガが臭う原因は毎日暮らしのおこないにあるのです。

自分の臭いが気になる方は、まず自身の暮らしを振り返ってみましょう。

専門の病院で確実に治すのも

又、それでもおもいあたる節が無いのであれば、専門の病院に頼るのも一つの手です。

場所からして抵抗があるとおもいますが、確実に臭いを抑えることが出来ます。

即効性があるのもポイントの一つですね。

普段見え無いところだからと言って、油断はしてはいけないんです。

だからこそ、もっとも気をつけて置くべき場所です。

是非毎日暮らしに気をつけて、すそワキガの対策をおこないましょう。

 

あせをしっかり拭き取ろう

汗をしっかりふきとろう

四季のなかでもっとも暑いのが「夏」の季節。

普段スポーツをしていない方でも、夏になれば沢山のあせをかきますよね。

時には35度以上を観測する猛暑日も頻回に訪れ、常に熱がカラダにこもった状態になりがちです。

あせによって蒸れたりすると、凄く気持ちわるい感覚を覚えます。

少なくとも、蒸れがすきだと言う方は殆どい無いのでは無いでしょうか。

あせをかくのはだいじですが、それはきちんとケアをしていることを前提とした話。

そこままほったらかしにしていると、多様な弊害を引き起こす原因となるのです。

汗を放置すると臭いが発生

そのうちの一つが「ニオイ」。

日頃からの食事でも変わってきますが、あせのほったらかしは悪臭を放ちます。

アポクリン汗腺と呼ばれるところから出たあせが脂肪酸と混ざると、菌が分解されてニオイを発生させるのです。

脇の下や足裏等場所は様々ですが、とくに気をつけなければならないのが「すそワキガ」。

見え無い場所の為、あまり気にしない方がおおいのですが、ここはもっともあせが蒸れやすい場所でもあるんです。

又、メンテナンスなどもやりにくいので、自覚はなくても、臭っている方は沢山います。

彼と共にベッドへ入った時に、すそワキガのニオイでドン引きされたくありませんよね。

その為には、日頃からあせをしっかり拭き取る習慣をつけることがだいじです。

完全にニオイの元を断つことはむつかしいですが、軽減させる程度ならばじゅうぶんすぎるほど。

気温のたかい春夏やスポーツをおこなう際は、必ずウェットティッシュあるいは、タオルを持参するようにしましょう。

 

下着に黄色いあせの染みが出たら

スポーツをした時や、夏季に外出をした時などは、一日で何回もあせをかきます。

あせときくと、透明でサラサラな液体をイメージするかと思います。

誰も透明でない、ドロドロしたあせなんて想像しませんよね。

ですが、あせの様子は人によって異なります

食事内容であったり、発汗量であったり、多様な要素で変わってきます。

下着に黄色い汗じみは

中には、下着に黄色いあせの染みが付くと言う方もいます。

「それも体質とかじゃ無いの?」とおもうでしょうが、そしかするとそれは「すそワキガ」のサインかも知れません。

すそワキガだけではなく、脇の下やお腹周りにも「アポクリン汗腺」が集中して存在しています。

そこから分泌、排出されるあせが、悪臭の元なのです。

細胞のなかに溜め込んだ物質を、あせと同時に放出するので黄色いシミのようになるのです。

又、おりもの等といった分泌、排出物でも黄色いシミはつくので、それだけで一概にすそワキガと判断出来ません。

脇の下にも黄色いあせの染みが、ついてしまうようなら注意が必要です。

実は、年々すそワキガになやむ女性が増えてきています。

それがコンプレックスになってしまったり、何をおこなうにも消極的になったりと、精神的にたくさん影響が及ぼされます。

すそワキガを完全に治したいのならば、専門の病院に治療してもらうのがもっとも賢い方法です。

デリケート・ゾーンの相談は、ハズカシイものですが、同様の悩みを抱えた女性が沢山いるので、じき慣れてくるでしょう。

誰かにくさいと言われる前に、しっかり対策をしてくださいね。

コメント