すそワキガの原因・悪臭をなくす減らすにはどうしたらよいか

腋臭(わきが)の手術・ボトックス治療 すそワキガの対策

「下着を脱いだと同時に、なんとも言えないイヤなクサイ臭いがした…」

「普段はすそワキガではないとおもうけど、生理が来ると悪臭がするみたい…」等等、

デリケート・ゾーンのニオイで頭を悩ませている方は凄くおおいとおもいます。

彼の為にもいち早く治したいところですが、一身体何をどうしたらいいのかよくわかりませんよね。

かといって、誰かに相談するといっても気が引けます。

恥ずかしいところなだけに、病院で治療してもらうのも抵抗があるのではないでしょうか。

すそワキガをなくすには、まずどうしてすそワキガになってしまったのか、原因を知る必要があるんです。

すそワキガの原因

あのイヤなニオイの元となるのは、ズバリ「雑菌、バイキン」

おふろ場やシンクにはえるカビとは又違った種類ですが、あれと似たような菌がデリケート・ゾーンに住み着きます

かんがえただけでも恐ろしいですね。

雑菌、バイキンが増殖することですそワキガは引き起こされますが、その状態ををさらにひどくしてしまうのが「あせ」。

デリケート・ゾーンには、「アポクリン汗腺」という器官が密集しています。

そのため悪臭を放ちやすいのが特徴です。

これが、経血や脂汚れと混ざりあって、下着のなかで蒸れたらどうなるでしょう。

想像もできないようなクサイニオイを放ちます。

つまり、すそワキガの対策には雑菌、バイキンを増やさ無いことが重要です。

すそワキガの悪臭を防ぐには

具体的な対応策は、大きくふたつ。

  • 陰部を清潔に保つこと。
  • 蒸れ無いような通気性のよい下着に変えること。

そうすれば、じゅうぶんに防ぐことが出来ます。

すそワキガになってしまう前に、是非これらのことを意識してみてください。

 

香辛料やアルコールはすそワキガの原因に

香辛料やアルコールはすそワキガの原因に

あなたは、辛い料理や焼酎、ビールなどのアルコールがすきですか?

「好き嫌いはとくに無いけど、一番すきなのは激辛のカレー」

「仕事終わりのビールがどうしてもやめられない」など、

香辛料やアルコールは、もはや中毒になってしまっている方もおおいとおもいます。

食欲は、人間が生きていく上で必要なだいじな欲の一つです。

ですが、だからといって自分の好みのものばかりを食べていたら、やっぱり不健康になってしまうかもしれません。

ハンバーガーが大すきだからと、3食全てファストフードにしていたら病気になるでしょう。

日本には、野菜、魚といった食材を中心とした和食文化があるため、身体的にはやはり和食が合います

肉食中心だと体臭が強くなる

肉食中心だと体臭が強くなる

ですが、ここ近頃は肉食の人が増えつつあり、そのおかげで課題も浮かび上がっているのです。

そのうちの一つが、「体臭」。

女性も、知らず知らずにすそワキガのニオイが悪化している場合があるんです。

動物性タンパク質は体臭を強くする作用があるため、頻回な摂取は控えるべき食品なのです。

又、そのほかにも、唐辛子、クミンシードといいうような香辛料、そしてアルコール成分も、体臭を強める食品になってしまいます。

そもそもニオイの原因は「あせ」。

香辛料やアルコールは発汗作用があるため、ニオイに直結します。

あせをかくことがわるいと言う訳では無いのですが、きちんと対策をし無いと確実にニオイが悪化するので気を付けましょう。

ワキガ体質の方は、とくに注意が必要ですよ。

 

すそワキガに効果的な成分

すそワキガに有効な成分

夏の時期になると、強い紫外線と同様に気になってくるのが「ニオイ」ですよね。

とくにワキガ体質の人はケアを徹底しているのではないでしょうか。

体臭は殆どの人に存在しているんですが、それが強烈になってしまうと、周囲から嫌がられてしまいます。

それってやっぱりイヤですよね。

自分自身でもイヤなニオイが鼻につきますから、すこしでも早くよくしたいところ。

身体はいたるか所でニオイますが、中でも近頃増えているのが「すそワキガ」です。

場所が場所だけにデリケート・ゾーンなので、同性の友達でも中々相談をすることができづらいのです。

やはり、自分ひとりで解決したい課題だとおもいます。

すそワキガにはデオドラントクリームで

そこでおススメなのが「デオドラントクリーム」です。

すそワキガ専用の品物で、近くのドラッグストア等に売られています。

特別なものではないので、てがるに手に入るのがウレシイです。

ですが、デオドラントクリームであれば、何でもよいということではないんです。

きちんと選び方というものがあるんです。

デオドラントクリームの選び方は有効成分で

沢山の種類のあるデオドラントクリームですが、まず原材料のところを見てみましょう。

そこで、すそワキガに効果的な成分が、含まれているかどうかをチェックします。

絶対に配合されていて欲しい有効成分は2つです。

「イソプロピルメチルフェノール」

「パラフェノールスルホン酸亜鉛」というものです。

これらはすそワキガの原因である、雑菌、バイキンや発汗を抑制してくれるはたらきがあるんです。

単に消臭効果や効能があると謳っているだけでは怪しいので、きちんと成分を確認おこなうようにしましょう。

 

低刺激な商品を選ぼう

「すそワキガによいと噂のセッケンを使ってみたけど、なぜか皮膚がヒリヒリしてしまう…」

「消臭効果や効能があるどころか、逆に悪くなってニオイが酷くなった…」など、

市販の商品を試してみたものの、満足のいく結果が出なかった方はおおいとおもいます。

それなら初めから専門の病院に行ったほうが良かったようにかんじますが、出来れば他人の手は借りたくありませんよね。

いくら専門だからといって、すそワキガのなやみを相談おこなうのは気が引けます。

市販の商品はあまり効果や効能が無いようにかんじますが、一概にそうとも言えません。

モチロン品物によってはまがい物も紛れていますが、中には本当に効果的な品物もあるんです。

そこで今回は、逆効果や効能にならないための、すそワキガ専用クリームを選ぶポイントをご紹介しましょう。

すそワキガ専用クリームを選ぶポイント

それは、「低刺激型」を選ぶことです。

実は、殆どの洗剤やセッケンが、「界面活性剤」と呼ばれる成分を配合しています。

これはしっかりと汚れを落としてくれる成分なのですが、デリケート・ゾーンにはあまりに刺激が強すぎるのです。

すそワキガは刺激によっても悪くなるなるため、今よりもニオイが酷くなってしまいます。

又、皮膚は、刺激から守ろうとして、硬くなってしまうでしょう。

原則として、無添加無香料の、添加物を配合していないクリームを選ぶこと

さらに、成分が植物性由来のものかどうかも確認してください。

敏感皮膚の方でもあんしんして活用できるようなクリームであれば、確実です。

コメント

6 dummydummy dummy dummy