腋臭(わきが)手術の合併症、事前に知っておきたい

腋臭(わきが)手術の合併症、事前に知っておきたい 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)の手術は、いくら簡単だとは言っても、外科的手術に変わりはありません

手術で治療すれば、当然腋臭(わきが)臭をなくすという効果は、ある程度得られるとおもいます。

ですがが手術によって合併症を起こす危険性は、当然あるんです。

腋臭(わきが)の手術によって起こりそうな合併症を、いくつかあげていきましょう。

わきが手術で予想される合併症

わきが手術で予想される合併症は、「出血」と「血腫」です。

手術では、皮膚にメスをいれるのですから、当然ある程度の出血はあります。

ですが、その血が皮膚の内側で固まってしまうと、「血腫」となります。

「血腫」の弊害

この「血腫」によっては、細菌感染を起こしたり、皮膚の壊死を起こしたりして傷の治り具合が、悪くなってしまうことがあるんです。

出血をおさえるため圧迫固定

手術後の出血を、最小限にとどめるには、手術後のわきの圧迫固定を、しっかりと行って安静にすることが、だいじです。

出血をおさえる為に、ビタミンCの摂取も有効的な手段です。

わきが手術の合併症「感染症」と「化膿」

わきが手術での合併症の「感染症」と「化膿」に関してです。

手術後、手術をした創部は、細菌によって感染症にならないよう清潔にしなければなりません。

細菌感染を予防する

細菌で創部が感染してしまうと、皮膚の内側に膿が貯まってしまい、細菌に侵されて化膿します。

手術した直後は、たくさんの汗をかいたり、入浴して脇の下を濡らしたりすることがないように注意して、

細菌が生成する原因を、創らないように注意しなければなりません。

しばらくして創部が落ち着けば、脇の下を石鹸であらい清潔を保つようにします。

手術をした直後に、腋毛を抜くことも厳禁です。

腋毛を抜くことで、毛穴の内部が化膿して、細菌感染を起こす危険があります。

このような合併症があることを、腋臭(わきが)治療を開始する前の段階で、きちんと医者から説明を受けて知っておくことが必要です。

 

合併症で傷跡が

腋臭(わきが)手術の合併症、傷跡あ残ることも

手術治療によって起こりうる合併症は、ほかにもあるんです。

「傷跡」です。

「傷跡」が残ることも

手術を行なうと、切開して縫合するわけですから、どうしても傷が残ります

腋臭(わきが)手術を行った後の、傷の治り具合や傷の目立ち方等には、個人差があります。

ですが、一般的には、時間が経てばだんだん目立たなくなっていきます

治療をうけた人の体質によっては、治りが遅くて、いつ迄も傷口が目立つ人もいるとおもいます。

体質としてケロイド症の人や肥厚性瘢痕等の人は、注射や軟膏等を使うことによって、半年以上かけて傷跡を治していく人もいます。

術後にできる「しわ」

「しわ」に関してです。

手術を行った後、脇の下にしわが残ってしまう人がいます。

「しわ」ができる理由

「しわ」ができる理由は、

  • 皮膚がたるんだため
  • 元々脇の下のしわがおおい
  • 脇の下に弾力がない
  • ケロイド症の人
  • 肥厚性瘢痕等の人

です。体質としてなりやすいのです。

「しわ」改善のために

手術後に「意識して脇の下の皮膚を伸ばすようにする」のが改善に役立ちます。

時間が経ち皮膚が、柔らかくなるにしたがって、次第にしわは減るようになります。

術後に「色素沈着」

「色素沈着」に関してです。

腋臭(わきが)手術をした後に、脇の下が色素沈着を起こして、赤茶色になることがあります。

皮膚を出来るだけ薄くして、腋臭(わきが)の治療効果を出そうとすることで、起こりやすくなります。

色素沈着を起こしやすい人

色素沈着を起こしやすい人は、

  • 皮膚に炎症ができやすい体質の人
  • アトピー性皮膚炎の人
  • アレルギー体質の人

色素沈着がひどい場合には、軟膏を塗る等して薬によって治療を行います

一般的には、時間が経てばだんだん色素沈着は、目立たなくなっていきます

ですが、体質によっては、残ってしまう人もいます。

コメント

6 dummydummy dummy dummy