腋臭(わきが)手術・電気凝固法と電気分解法

腋臭(わきが)手術・電気凝固法と電気分解法 腋臭(わきが)の治療

ここではわきがの手術のうち、「電気凝固法」と「電気分解法」を紹介します。

「電気凝固法」

「電気凝固法」は、エステで一般的に行っている脱毛法を応用して行なう、腋臭(わきが)治療法です。

アポクリン汗腺や脂腺を、ワキ毛といっしょに、高周波電流で破壊していく腋臭(わきが)治療法です。

電気凝固法のやり方は、脇の下の毛根部分に針を、刺します。

そこに高周波の電流を流していき毛根を、凝固させます。

この態勢でワキ毛を抜くのが脱毛です。

同時にアポクリン汗腺や脂腺を、破壊することが出来るんです。

「電気凝固法」のよい点

電気凝固法のよいところとしては、比較的簡易な手術であるので、に医者の技術をそこ迄必要としないことです。

女性の場合等は、永久脱毛といっしょに治療出来るという利点が、あるんです。

「電気凝固法」の悪い点

電気凝固法の悪い点としては、手術中に相当の痛みがあることです。

普通腋臭(わきが)の手術は、多汗症にも効果があるんですが、この方法では、エクリン汗腺が残るので多汗症には、効果がありません。

そして最大の悪い点は、腋臭(わきが)が、再発する可能性がたかいことです。

この電気凝固法では、アポクリン汗腺を、完全に破壊して除去することはでき無いため治療効果が、短くて再発するケースがおおいです。

 

「電気分解法」

「電気分解法」も同じく脱毛法を、応用して行なう腋臭(わきが)治療法です。

電気凝固法の方法は、腋毛の毛穴1本ずつに針を、刺していきます

そこに高周波の電流を流して、腋毛といっしょにアポクリン汗腺の分泌口を、破壊します。

「電気分解法」のよい点

電気凝固法のよいところとしては、永久脱毛といっしょに腋臭(わきが)治療が、出来ることです。

「電気分解法」の悪い点

電気凝固法の悪い点としては、腋毛を1本ずつ処理するので、治療期間が長くなること、手術中にかなりの痛みがあること。

そして費用も沢山かかることです。

アポクリン汗腺を、完全に除去しているわけでは無いので、再発の可能性もたかいです。

コメント