腋臭(わきが)手術・皮下組織掻爬法

腋臭(わきが)手術・皮下組織掻爬法 腋臭(わきが)の治療

「皮下組織掻爬法」はわきがの手術のひとつの手法です。

特殊な器具を、使うことによって、腋臭(わきが)の手術治療を行ないます。

キューレットとよばれるスプーンに似ている器具を、使います。

アポクリン汗腺やエクリン汗腺等を、この器具によって掻きだす治療法です。

わきがの手術「皮下組織掻爬法」

皮下組織掻爬法の方法は、まず脇の下を数センチ切開します。

キューレットとよばれる器具を、そこから挿入します。

皮膚の裏側を、こすってアポクリン汗腺等を、掻きだしていきます。

そして縫合して終了です。

皮下組織掻爬法のメリットとしては

脇の下のシワにそって、ごく小さく切開するだけなので、手術後のダメージが少なくて済みます。

カラダの回復も早くて、手術痕も小さくて目立ちにくいこともよいところと言えます。

皮下組織掻爬法のデメリットとしては

皮下組織掻爬法のデメリットとしては、皮下組織を傷つけてしまう可能性があることです。

キューレットを扱うには、熟練の技術が必要です。

経験のある医者の腕を、必要とします。

小さな穴から、手探りで掻き出すには、気をつけなければいけません。

周辺組織を傷付けてしまうこともありえます。

手術後の回復にかかる時間が遅いことも、デメリットでしょう。

皮下組織等を傷つけないようにと恐れたあまりに、アポクリン汗腺等をしっかりと取りきれないこともあるんです。

すると腋臭(わきが)治療のじゅうぶんな効果が、得られないことになります。

どんな人が皮下組織掻爬法にむいているか

皮下組織掻爬法は、多少腋臭(わきが)の症状が残ったとしても、てがるに治療を行いたい人や手術痕を残したく無い人にむいている、よい方法だとおもいます。

ですが、確実に腋臭(わきが)を完治したい場合には、他の治療法を選んだほうが、よいとおもいます。

コメント