腋臭(わきが)の手術・皮下組織吸引法について

わきがの手術「レーザーサクション法」 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)の手術治療「皮下組織吸引法」に関して詳細に説明していきます。

この治療法は、脂肪吸引法を応用したもので、腋臭(わきが)手術として以前から行なわれているものです。

機械も脂肪吸引と同じものを、使うことによっています。

皮下組織吸引法の方法

皮下組織吸引法の方法は、脇の下に数ミリ程度の小さい穴を開けます。

そこからほそい管を、挿入してからアポクリン汗腺やエクリン汗腺や脂腺を、吸引し、手術痕を、縫合して手術は終了です。

皮下組織吸引法の方法のメリット

手術時間は、30分から1時間程度と短いです。

皮下組織吸引法のよいところとしては、

  • 手術痕が目立た無い
  • 入院の必要もなく、手術後の復活が早い

忙しくて時間が無い人には、カラダに負荷がかから無い手術なので、日帰り手術で終われるところが大きなメリットです。

皮下組織吸引法のデメリット

皮下組織吸引法のデメリットをあげます。

  • アポクリン汗腺等を、完全には除去しきれないこと
  • その為腋臭(わきが)を、完全治癒させることはできず、軽減させるのみ
  • 皮膚や他の組織等を、傷つけてしまう危険性がある

腋臭(わきが)の症状が、軽度の場合でなければ効果が得られにくいとも言えます。

腋臭(わきが)手術のなかでもこの皮下組織吸引法は、腋臭(わきが)を完全に治すことができないことがおおいです。

今現在も多くの病院で行なわれている治療法ですが、すこしずつなくなってきているという事実もあるんです。

同じように多汗症の治療としても行なわれているのですが、こちらも同じような事情で完全に治すことは、むつかしいみたいです。

コメント