腋臭(わきが)手術の保険適用・自己負担額は大幅に変わる

腋臭(わきが)手術の保険適用・自己負担額は大幅に変わる 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)を根本的に治療したければ、外科的な手術が必要となります。

ですが、治療を行なうとなれば、当然、費用面が大きな心配になりますね。

一般的な病気の場合には、健康保険の適用がされるため、費用は実際の費用の何分の一かの負担ですみます。

ですが、腋臭(わきが)の治療の場合には、いったいどうなるのでしょうか?

腋臭の手術は保険適用になるかどうか

腋臭(わきが)の場合、その症状が重い場合には、手術で保険適用が許可されています。

保険診療上では、腋臭(わきが)手術は、「腋臭症手術」という項目になります。

手術の要素は、

「悪臭が甚だしくて、他人の就業に際して支障をきたしていることが、あきらかな場合で、客観的に見ても医療行為が必要であると判断する場合」

とされています。

この要素を満たす場合には、保険適用になり給付をうけることができます

ですから軽度のわきがは、給付を認められていません

保険適用になる手術は「皮下組織剪除法」のみ

ですが、腋臭(わきが)の手術治療全てが、対象となるわけではありません。

腋臭(わきが)の手術治療のなかで「皮下組織剪除法」という方法だけが、保険適用の対象となっています。

保険上では皮弁法という分類です。

方法は、「皮膚を切開し、そこからアポクリン汗腺を取り除く」という確実な方法です。

健康保険の適用を、うけることが出来れば、自己負荷する費用は、格段に安くすることが出来治療しやすくなります。

保険診療の場合、国が規定している金額以外は、徴収できないことになっていますから。

「皮下組織剪除法」の術後

ですが、皮弁法の場合には、手術のあと10回以上も病院に通院しなければいけないんです。

手術した直後は、安静にすることが必要です。

重いものをもつことは出来ませんし、車の運転も出来れば避けた方がよいです。

皮膚を切るので傷跡も残ります

多様な人のニーズに応えられるように腋臭(わきが)の手術治療は、皮弁法以外にも多くの方法が、あります。

 

保険適用の病院

わきが手術保険適用の病院

腋臭(わきが)治療のその殆どが、保険適用外になります。

ですが、中には保険適用となる腋臭(わきが)の手術治療を、行っている病院もあるんです。

わきが手術を保険適用する病院

それは、多くの診療科がある、大学病院等を始めとする大病院です。

その中の皮膚科や整形外科と、一部の美容整形外科等です。

ただし、今述べた病院で腋臭(わきが)治療を、行ったからといって、全てが保険適用になるわけではありません。

腋臭(わきが)の治療内容や手術方法等によって、保険適用か適用外か決まります

保険適用になるかどうかは事前に確認を

ですが大きな病院の場合、保険適用内で腋臭(わきが)治療をお願いしたい旨を伝えれば、保

険の範囲内で治療を、行ってくれるところもあるんです。

又大きな病院の場合には、設備が充実しているというよいところもあります。

中には例外もありますから、保険適用を受けて腋臭(わきが)治療を、うけたいという人の場

合には、事前に病院に確認してから行った方がよいとおもいます。

腋臭(わきが)治療や手術を、保険適用で行いたい場合には、まずは総合病院等大きな病院に通院してみるのがよいとおもいます。

同じわきがでも判断の仕方の違いがある

どうして病院によって同じ腋臭(わきが)治療でも保険適用される場合とされ無い場合が、あるのか疑問におもうところです。

それは、腋臭(わきが)手術というものが、腋臭(わきが)の症状を治すというものではなく、腋臭(わきが)のなやみを、治すと判断されるからです。

その為病院によって保険扱いかどうかは違ってきます。

わきが専門の美容外科は技術的に安心

腋臭(わきが)の治療を、専門に行っている美容外科等では、保険適用外となるのが一般的です。

費用面を重視すれば、保険適用を認められている病院や手術法を、うけたくなるものです。

ですが現実には、保険適用外となっている腋臭(わきが)治療専門に行っている病院の方が、医者の技術が高くて、経験もおおいことから、あんしんして治療を受けられるというよいところもあるんです。

これらを、踏まえて費用面だけでは、なく、総合的にかんが、えて自分自身に合った病院を、選定ようにしてください。

 

腋臭治療で生命保険

健康保険がだめでも、加入している生命保険から給付をうけることが出来る可能性もあります。

腋臭(わきが)で手術治療をうけた場合、生命保険によっては、手術給付金を受けとることが出来るケースが、あるみたいです。

ですが、全ての手術に適用があるわけではないので、確認が必要です。

保険プラン、手術の内容などで給付内容は異なる

わきが手術は、保険プラン、手術の内容などで給付内容は異なる

参加している生命保険会社や生命保険あるいは、医療保険のプランによっても違います。

また腋臭(わきが)手術の内容によっても、給付が可能かどうか違ってきます。

例えの場合で生命保険と、ある病院の場合では、腋臭(わきが)の手術治療をして保険給付金をもらうことが出来るのは、切開剪除法で手術した時だけとなっています。

その上腋臭(わきが)を、発症した時期も関係しています。

補償期間前から腋臭(わきが)の症状が、あった場合には、給付金は一部しか受けとることができないみたいです。

生命保険から給付を受けた例

生命保険から手術給付金を、受けられたケースでは、腋臭(わきが)手術を、自己費用負担を2万円程度で受けられたという話もききます。

腋臭(わきが)手術を、かんがえるしている人や、既に腋臭(わきが)手術を行った人、金銭面を気にして治療に踏み切れない人は、一度生命保険に関して調べてみることを、おススメします。

社会保険や国民保険等でも、腋臭(わきが)治療が一部保険適応されるケースがあるんです。

基本的には、日々の暮らしに支障が無い、軽度な場合には保険適応外。

重度で保険適用可能な手術法で治療を、うけた場合には適応となるケースもあります。

高額医療費の対象になる場合も

ほかにも高額医療費の対象となるケースもあるんです。

参加している健康保険によっても所得制限や条件異なるので、事前確認が必要となります。

 

腋臭治療の自己負担金額

わきが治療の自己負担額

腋臭(わきが)の治療には、2種類あり自費治療と保険適応治療とがあります。

腋臭(わきが)の治療費にかかる費用総額は、保険が利用出来かどうかで、大きく自己負荷金額が、変わってきます。

自己負担額の考え方と例

例えば腋臭(わきが)の手術治療を、切開剪除法でした場合です。

保険が適用出来れば自己負荷金額は、3万円から5万円程度で手術を行えます。

それに対して保険の適応がないとすると、費用は、25万円から30万円と高額になります。

自己負荷金額を、すこしでも安くして腋臭(わきが)の治療を行いたいという人は、保険の適用が、あるかどうかを、事前にきちんと確認しておくことが大事です。

病院選びには、じゅうぶんな時間をかけて、じっくりとさがすようにしてください。

わきが手術は保険適用が可能なはず

腋臭(わきが)の手術治療にかんしては、もともと厚生労働省によると保険適用が可能であると、正式に認められています。

保険審査上の項目は、腋臭症手術となります。

であるのに、保険の適用外としている病院がおおいのはなぜか?

これは、病院の経営課題に関係しているためです。

手術にかかる時間や手間と、費用の割合をかんがえた場合、保険適用にしてしまうと収益を出すのがむつかしいというのが、現状の理由のみたいです。

保険適用させると、その分多くの人数の腋臭(わきが)手術をこなさなければ、割にあわないみたいです。

その為1人の医者が、1日にいくつも手術をこなすことになり、手術そのものも雑になってしまう危険性があるんです。

経営面の点と手術の質を維持する点から、保険を適用しない病院がおおいのです。

総合病院等のおおきい病院では、経営面に関してあまり思考する必要が無いため保険を、適用しているところが、おおいみたいです。

コメント

6 dummydummy dummy dummy