子供の腋臭(わきが)、成長中はケア中心で

子供の腋臭(わきが)、成長中はケア中心で 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)は、大人だけのものではありません。

子供にも腋臭(わきが)は、あるんです。

子供のわきがは思春期から

腋臭(わきが)の臭いの元であるアポクリン汗腺が、活発に活動を始めるのは、思春期ごろからです。

その為赤ちゃんや小さい子供に、腋臭(わきが)症状がでることは、殆どありません。

思春期以後アポクリン汗腺の活動が始まって、腋臭(わきが)が、目立ち始めます。

思春期は、ファッションに興味をもち、異性の目も気になるむつかしい時期です。

その為腋臭(わきが)に正しい知識をもつことと、適切な対処法をとることが、必要となってきます。

早熟な子でも手術は待った方がよい

ですが、近年、子供の成長が、早熟傾向にあるんです。

それに伴い腋臭(わきが)の症状が、でるのも低年齢化しています。

腋臭(わきが)の治療方法として小学生や中学生に、手術治療をおススメすることは、出来ません。

小学生や中学生では、まだ腋毛もじゅうぶんに生えきっていません

この段階では、アポクリン汗腺もまだ成長中なので、さらに範囲が拡大していく可能性もあるんです。

ですから例え腋臭(わきが)手術を行って、治療が完了した時点で腋臭(わきが)症状が、治まっていても、

子供が成長するに従って又腋臭(わきが)の臭いが、でてくる可能性があるということです。

腋毛が、一通り生えそろって、子供の成長が落ち着いた段階で手術治療するほうが、賢明な選択です。

それに手術をするには、当然痛みを伴いますし、不自由にもなります。

小さな子供では、それを理解して納得することは、むつかしいとおもいます。

手術に踏み切る目安年齢

一般的な目安年齢は、女性で14歳から15歳以後、男性で16歳から17歳以後となります。

その時期がくる迄は、一般販売の制汗デオドラント剤を使用する等して、腋臭(わきが)ケアを、していくことで対処できるはずです。

コメント