すそ腋臭(わきが)とは、一般的な治療法

わきがの臭いの予防方法・自分もできること 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)には、「すそ腋臭(わきが)」というものが、あるんです。

これは、陰部から生じる体臭のことです。

すそワキガとは

陰部にも、脇の下と同様に臭いの元となる、「アポクリン汗腺」があるからです。

つまり一般的な腋臭(わきが)が、陰部で発症したものになります。

アポクリン汗腺は、ほかにも耳の中や乳輪、臍(へそ)等の周辺に存在しています

殆どの場合、脇の下に集中していますが、ごくまれに陰部のあたりに集中していることもあるんです。

日本人の特性として、脇以外にアポクリン汗腺があることじたい、稀なことであったとしても既に退化している場合がおおいのです。

ですから普通は、わき以外からつよい臭いを出すことはないのです。

ただ、稀に陰部周辺から、他人がかんじ取ることが出来る程度の臭いを、発する人があるんです。

これが、「すそ腋臭(わきが)」と呼ばれるものです。

すそワキガは普通のわきがより弱い

仮にすそ腋臭(わきが)だったとしても、その症状は、普通の腋臭(わきが)よりも若干弱い臭いです。

すそワキガの治療手術法

すそ腋臭(わきが)の手術治療の方法は、脇の下の腋臭(わきが)治療と基本的には同じです。

ですが、毛根もいっしょになくなってしまいます。

腋臭(わきが)の臭いは治すことができても、毛もいっしょになくなってしまうことで、別の悩みが出てきてしまうとおもいます。

凝固法という治療

陰毛をなくすことなく、すそ腋臭(わきが)の治療をしたいという人の場合には、治療法として「凝固法」を選択することも出来るんです。

凝固法というのは、電気凝固法でたんぱく質を凝固することによって、臭いがでるのを、おさえるという治療法です。

これならば毛をなくすことなく腋臭(わきが)の治療を、行なうことが出来るんです。

いずれにしてもすそ腋臭(わきが)の場合、微妙な部分なので、治療に関しては、慎重に専門医とよく相談して決めることが、だいじです。

コメント