腋臭(わきが)手術・マイクロリムーブ法・トリプルサクション法

腋臭(わきが)手術・マイクロリムーブ法・トリプルサクション法 腋臭(わきが)の治療

わきがの手術のうち、ここでは「マイクロリムーブ法」と「トリプルサクション法」を中心に説明をします。

わきがの手術「マイクロリムーブ法」

「マイクロリムーブ法」と呼ばれる腋臭(わきが)の手術治療法があります。

1cm程度切開してそこから特殊な治療器を、わきに挿入してから腋臭(わきが)を、治療する手術です。

先端にほそいハンドピースがついていて、チップを回転させるエネルギーを使うことによって、アポクリン汗腺を、まんべんなく粉砕することによって取り除いていきます。

「マイクロリムーブ法」のよい点

このマイクロリムーブ法の場合、腋臭(わきが)が再発する心配がありません

その為「治療効果がすごく高い腋臭(わきが)手術」と言われています。

この手術では、アポクリン汗腺だけでは、なく、エクリン汗腺もいっしょに粉砕するため、多汗症の人にも有効な方法です。

 

わきがの手術「マイクロレーザー法」

マイクロレーザー法は、アポクリン汗腺にレーザーを直接的に照射して、エクリン汗腺と共に燃焼させる手術です。

「マイクロレーザー法」のよい点

直径わずか1mmの注射針状になっているレーザーを、毛根部に挿して直接的に汗腺を、照射していくため、メスを使うこともなく傷が残ることもありません

両脇の腋臭(わきが)手術を、行った場合の時間は、40分程度で行なうことが出来るんです。

局所麻酔ですし、手術後に脇を、1日の間固定すればOKです。

腫れは、2,3日残るとおもいますが、7日後には抜糸を行なうことが出来るんです。

シャワーだけならば、手術の翌日から入浴は、9日後になれば可能となっています。

 

わきがの手術「レーザーサクション法」

わきがの手術「レーザーサクション法」

レーザーサクション法では、先程のマイクロリムーブ法にプラスして「サクション」を、行なうダブル効果の治療法です。

サクションは、吸引法のことです。

傷跡が小さい上に腋臭(わきが)の臭いがきつい人でも、汗の量がおおい人でも、確実に効果をえることが出来るんです。

傷跡が、目立た無いようにしたい人にもおススメの手術です。

「レーザーサクション法」のよい点

手術後の傷跡は、3mmから5mm程度です。

腋臭(わきが)の手術治療を、両脇行った場合40分程度で完了します。

わきがの手術「トリプルサクション法」

「トリプルサクション法」という腋臭(わきが)の手術治療法があります。

先程のマイクロレーザー法を、多重に応用した方法です。

傷跡が小さくて、アポクリン汗腺を、的確に除去出来るという手術です。

現在日本で行なわれている腋臭(わきが)の治療において、効果がもっとも高くて傷跡ももっとも小さい治療法となっています。

従来行なわれていた腋臭(わきが)の治療法では、傷口がおおきいとか、確実に汗腺を取り除くことができ無いとか、皮膚が壊死する可能性があるとかイロイロな課題がありました。

ですが、このトリプルサクション法は、最初にレーザーを使うことによって組織を、燃焼させて破壊します。

そして吸引しやすい状態にしておいてから、3mm程度の穴から特殊な治療器を入れて、治療していきます。

「トリプルサクション法」のよい点

腋臭(わきが)の手術をした後に行なう圧迫固定の時間が短くなり、回復時間も短くなります。

何よりも汗をシャットアウトすることが出来るという、よいところがあるんです。

腋臭(わきが)の施術時間は、両脇の場合で2時間程度です。

麻酔は、局所麻酔で行います。

手術のあとにわきを、固定するのは24時間です。

腫れは、普通5日から7日程度で収まります

1週間後には、抜糸することが出来ます。

腋臭(わきが)手術した後の傷跡は、3mm程度で、シャワーにかんしては手術の翌日以後、入浴にかんしては手術の9日後から可能です。

 

このように、わきがには多くの手術法、治療法があります。

ご自分の体にあった方法、期間や術後の回復までの都合、また傷跡、金銭面等に関して総合的に判断してベストな方法を、選んでください。

コメント

6 dummydummy dummy dummy