腋臭(わきが)の手術主なものを解説します

腋臭(わきが)の手術主なものを解説します 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)の治療方法のひとつとして、手術による方法があります。

これは、腋臭(わきが)の原因ともなっているアポクリン汗腺を摘出するという方法です。

アポクリン汗腺の摘出手術

事前に専門医によるカウンセリングをうけてから行います。

まずは、アポクリン汗腺の様子を確認する為に、外陰部付近をすこし切開して調べます

この結果で、腋臭(わきが)を治療する為に手術が、本当に必要であるのか、そのほかの方法を選択するのかを決めることになります。

手術を行なう場合、手術でアポクリン汗腺を摘出しますが、このときにいっしょに毛根を除去されてしまうことになりますから注意してください。

「直視下摘除法」

手術では、脇の下の皮膚を、3センチ程度切り開いて、アポクリン汗腺を取り出します。

医者によって、直接的に目視で確認して汗腺を、取り除く方法で「直視下摘除法」と言われています。

多汗症の人の場合には、汗の原因となるエクリン腺を、摘出することになりますが、医者が、これらの汗腺を、目で確認して取るわけですから、医者の技術も必要とされる手術方法です。

腋臭(わきが)の手術方法は、いろいろありますし、同じ手術でも病院によって呼び方が違うこともあります。

手術については自分で納得して

自分自身に合った手術方法、治療方法を、きちんとかんがえてから決めるべきだとおもいます。

当然病院選びもだいじなポイントとなってきます。

事前カウンセリングを、きちんと行っていて、自分自身の症状を、きちんと理解して相談に乗ってくれる信頼出来る医者を、選ぶべきです。

手術をうけるとなれば医者の技術に頼るところになりますから、技術と経験をしっかりと持っている人を、選定ことがだいじです。

 

腋臭(わきが)手術・吸引

同じく腋臭(わきが)の原因であるアポクリン汗腺を、取り出すのですが、吸引によって取る手術方法があります。

これは、脇の下に数ミリ程度穴を、開けます。

そしてアポクリン汗腺を、吸引器によって吸引します。

この吸引法という治療方法は、別名「脂肪吸引法」とも言われています。

本来は、腹部や太もも等の脂肪を、吸引する為に使われていた治療方法です。

脂肪吸引という言葉や、吸引しているところを、テレビ等で見てイメージ出来る人もおおいとおもいます。

吸引手術のよいところ

手術をしても手術をした跡傷口が小さいことでよいところが、あるんです。

傷口も目立ちませんし、皮膚が生着するのも早いです。

傷口が、治った後にひきつれが起こりにくいですし、色素沈着も起こりにくいです。

ですが、やはりデメリットもあるんです。

吸引手術の悪いところ

吸引をするということは、摘出手術のように医者が、直接的に目で腺を、確認して取り出すわけではありません。

その為アポクリン汗腺や多汗症の場合には、エクリン汗腺を、完全に取ることは、むつかしいのです。

その為医者の経験と勘に左右されるところが、大きくて、腕がなく経験も少無い医者に依頼すると危険なこともあるのです。

腋臭(わきが)の治療方法としてこの手術方法は、確実性に欠けているので今はあまり行なわれていません

吸引法がむく人

医者の技量に左右されてしまうので、経験豊富な医者に依頼する必要があります。

ですが、傷口は小さい方がよいと望まれる人や、手術後直ぐに仕事復帰しなければならないので復活の早い方法を、望まれる人には、

選択肢のひとつといえる治療方法だとおもいます。

 

腋臭(わきが)手術・超音波

腋臭(わきが)の手術主なものを解説します・超音波による手術

超音波を、使うことによって腋臭(わきが)の手術を、行なう治療方法もあるんです。

超音波を利用して、アポクリン汗腺を、取り除く方法です。

脇の下に、直径が2ミリ程度の管を、挿入します。

そして、アポクリン汗腺を、取り出すのです。

超音波によるわきが手術のよいところ

超音波による手術のよいところをあげます。

  • 手術時間が1時間ほど短い
  • 手術中の出血もほとんど少なくて済む
  • 出血による血腫が、創られる可能性もひくい
  • 手術によって出来る傷口も小さい為に皮膚の再生も早い
  • 手術時には、麻酔をするため、イタミの心配もない

手術後は、ワキの圧迫を軽く出来、毎日の暮らしの負荷も軽減されます。

超音波によるわきが手術の悪いところ

ですが、やはりデメリットわるいところもあります。

超音波を使いますから、熱で皮膚を、傷つけてしまう危険があります。

そして現実に目でアポクリン汗腺を、確認でき無ないため医者の勘によって行なわれます。

その為医者の経験と熟練度に左右されてしまうことが、挙げられます。

完全に取ることができないこともあるため、不完全な治療方法として腋臭(わきが)が、再発する可能性もあるんです。

ですが、全く効果が無いわけではないため、手術後の効果や費用等で考慮えるする価値はあるでしょう。

より確実な超音波による手術も

又近頃では、直接的に医者が、目で確認をしなが、らアポクリン汗腺を超音波で取り除く方法を、行なう病院もあるんです。

皮膚を、裏返しにして現実に汗腺を、確認して丁寧に取り出す方法なので、従来のものより確実で安全に行なえるようになっています。

このように腋臭(わきが)の治療方法も日々進歩しているのです。

最新の医療事情を、情報として知っておくことが、自分自身にとってベストな治療方法を選択する上で凄くだいじなことなのです。

 

腋臭(わきが)手術・レーザー手術と効果

腋臭(わきが)の手術治療には、レーザー治療もあるんです。

レーザーを使うことによって脱毛をするレーザー脱毛があります。

わきのレーザー脱毛を行なうと毛根だけではなく、アポクリン汗腺も熱によってダメージを、うけることになります。

その為アポクリン汗の分泌量を、減らすことが出来ます。

腋臭(わきが)治療としてレーザーを、行なう場合、1ヶ月か2ヶ月毎に数回行って効果を、えることが出来ます

この腋臭(わきが)治療を、行なうことで腋毛も減っていきます

ですが、腋臭(わきが)の症状が、つよい人の場合、あまり効果が、得られ無いこともあるんです。

シェービング法

腋臭(わきが)の手術主なものを解説します・シェービング法

腋臭(わきが)の症状が、つよい人の場合には、1回の手術で腋臭(わきが)を、感知させることが出来る治療法の「シェービング法」が、よいとおもいます。

脇の下側を、2センチ程度切開して特殊な器具を、挿入します。

皮膚の裏側からアポクリン汗腺を、削除します。

削除した後は、切開部分から医者が、目視にて確認して、残っている部分がある場合には、施術します。

その後切開部を縫合して、脇の下にガーゼを挟んでテープで固定します。

この態勢でしばらく経過観察となります。

手術当日から普通の暮らしを、することが出来ます。

途中ガーゼ交換をして、7日後には抜糸をおこないます。

それ迄は、ガーゼが濡れ無いように、シャワーで入浴するようにしてください。

 

「皮下組織掻爬法」

「皮下組織掻爬法」のやり方は、

キューレットと呼ばれるスプーンのような器具を挿入してから、皮膚の裏側からアポクリ

ン汗腺を掻きだすという方法です。

 

「皮下組織削除法」

又わきを、1cm程度切開して鋭い刃とローラーのついている器具を、挿入してからアポクリン汗腺を除去するという方法もあります。

 

コメント

6 dummydummy dummy dummy