わきがの臭いの予防方法・自分もできること

わきがの臭いの予防方法・自分もできること 腋臭(わきが)の治療

腋臭(わきが)による臭いを、予防する為にいくつか出来る方法を紹介します。

だいじなことは、常にワキを清潔に保つことです。

清潔であれば、臭いの原因となる雑菌を、繁殖させることがありません。

腋臭(わきが)を、根本的に治療するには、手術等による治療方法です。

それ以外のものとして自分自身で簡易に出来るものには、「制汗剤」等を使い、臭いをおさえる方法をとります。

自分でできる脇の臭い予防

脇を清潔に保つために、自分でできることをやってみましょう。

まず汗を抑える方法です

制汗剤を利用します。

薬局等で一般的に売られている制汗剤は、スプレー型のものやクリーム型、ローション型のものがあります。

これらには、エクリン腺から出される汗を、抑えてくれる作用があります。

その為汗による臭いは、多少おさえることが出来ます。

ですが、一時的な効果だけしか得られません

薬で臭いの元の細菌を減らす

次に「薬」を、使った治療方法があるんです。

腋臭(わきが)の薬は、一般販売されているものもあるんです。

一般の販売薬には、たいてい抗生物質が使われています

これは、汗に付着して臭いの元となる細菌を、滅菌してくれる効果がある薬です。

これにより腋臭(わきが)の臭いの予防効果は、得られます。

ただ、薬が効いている6時間程度のことなので、頻繁に抗生物質を飲み続けることになります。

副作用も心配なので、続けるのは避けた方がよいです。

食生活を改善する

 

わきがを改善する自分でケアする方法、食事を和食に

もう1つ腋臭(わきが)の臭い予防として出来ることは、「食生活」を改善することです。

具体的にはどうするかというと、

  • 肉類等の動物性食品を減らすこと
  • 脂肪分を出来る限り減らすこと

つまり、和食中心とした食べ方が、腋臭(わきが)治療に効果をもたらします。

腋臭(わきが)というものは、日本人の食生活が、欧米化したことによって増えたとも言われています。

その為脂肪分を、控えた和食にすることで、腋臭(わきが)体質を改善する効果が、あるとみられています。

 

軽度の腋臭(わきが)対策は制汗剤で

 

軽度のワキガ対策は制汗剤で

軽度の腋臭(わきが)の場合ならば、とくに病院で治療する必要は無いとおもいます。

制汗剤を使うことによって、腋臭(わきが)の臭いをおさえる等して対応していけばよいとおもいます。

現在様々なデオドラント製品が、売られています。

大きく分けてみると5つに分類されます。

制汗剤の種類は5つ

  • 1つ目は、滅菌作用や抗菌作用のある品物。
  • 2つ目は、消臭効果がある品物。
  • 3つ目は、ふきとりシート等のように汗を拭き取る型の品物。
  • 4つ目は、制汗作用がある品物。
  • 5つ目は、芳香作用がある品物。

このなかで腋臭(わきが)の治療に一番有効なものはどれでしょう。

それは腋臭(わきが)の臭いを出す原因でもある、「雑菌の繁殖をおさえることが出来るもの」が、一番治療に効果的であると言えます。

つまりこのなかでは、雑菌の繁殖をおあさえる効果がる、1つ目の滅菌作用や抗菌作用のある品物が、一番有効だとおもいます。

皮膚の弱い人は避けた方がよい

ですが、これらを使うときには、皮膚が軟弱な人は、滅菌作用・抗菌作用があるデオドラント製品は、あまり使わない方がよいとおもいます。

それは皮膚を傷つけることになるからです。

長時間つけ続けることで皮膚が上部な人も、皮膚を傷つけてしまう危険性があります。

滅菌作用や抗菌作用のある品物に、ほかのもんを組み合わせて使うことで効果をあげるのもよい方法です。

芳香作用のあるものとの組み合わせは避ける

ですが、腋臭(わきが)の人が芳香作用のあるものを使うと、腋臭(わきが)の臭いと合わさって臭いを増長させる危険があります。

組み合わせるのは、やめた方がよいです。

ただしこれらの家庭で出来る治療をためしていても、腋臭(わきが)の症状が悪化するなどしたら、専門医に相談されることを、おススメします。

 

自分でわきがをケアする方法

自分でわきがをケアする方法

自分自身で腋臭(わきが)ケアを、行なう方法はいくつかあるんです。

脇を清潔にする

まずは、先にも述べましたように、ワキを清潔にすることです。

毎日おふろに入ってカラダを清潔にすることで、いくらか腋臭(わきが)の症状を、軽減することが出来ます。

野菜・魚中心の食事

そして、食事療法を、取り組んで治療することです。

肉類や乳製品などは、腋臭(わきが)の大敵です。

理想的には、野菜や魚を中心とした食事を、することが望ましいです。

漢方薬の利用

漢方薬を、使うことによって治療する方法もあるんです。

漢方薬やハーブ、薬膳等を使うことによって、腋臭(わきが)の臭いをおさえる効果が期待できます。

漢方薬については、漢方薬局で相談して選ぶようにしてください。

ストレスをためない

ストレスも腋臭(わきが)にとっては、よくありません。

定期的にストレスを発散して、ストレス解消を、するようにした方がよいです。

ストレスによってカラダに異常をきたしますし、体のいたるところで汗を出すので腋臭(わきが)の症状を、起こしやすくします。

ミョウバンを利用してみる

このほかにもスーパー等で売られているミョウバンを、使う方法もあるんです。

ミョウバンは、ぬかみそのなかに入れて野菜の色を、鮮やかにする効果がある白い顆粒状のものです。

このミョウバンを、水に溶かして脇に塗ることで、臭いがずいぶん軽減されるみたいです。

竹酢を利用する

ほかにも竹酢を、使うことによって、腋臭(わきが)をケアして臭いを軽減することが出来るんです。

竹酢は、竹の炭を焼いて、冷やして、抽出したものです。

原材料を、竹から抽出した場合のエキスを、「竹酢」と呼んでいます。

この竹酢液には、滅菌や消臭や消炎等の効果があるみたいです。

おふろの湯船のなかに竹酢液を、50mlくらい入れて、その湯船につかることでワキの臭いを、おさ

える効果が大きいといわれています。

コメント

6 dummydummy dummy dummy